「武器を規制する」ということ

キャンペーンについて

武器の多面的な被害について

わたしたちが求めた武器貿易条約(ATT)の趣旨

キャンペーンの提言

2007年4月:日本キャンペーンの
これまでとこれから


 + 2007年 折り鶴アクション

 + 2008年 ウェブ・アクション

2016年5月:日本キャンペーンのこれまでとこれから


トップページへ戻る

 


「一分に1人。一日に1440人。一年に50万人」

武器が出まわり、濫用されることで、
年間50万人以上が死亡していると推定されています。

これは、約一分に1人の命が地球から消えていっている
という計算になります。


武器の本当の被害をうけるのは、民間人なのです

「第一次世界大戦では、全犠牲者の14パーセントが一般市民」
「第二次世界大戦では、全犠牲者の67パーセントが一般市民」



 近年、戦争や武力衝突のなかで、民間人の犠牲者の割合は増加しています。いまや紛争のなかで民間人は、攻撃の対象であり、また攻撃に対する盾として命を奪われつづけている存在です。

 世界各地において、日常のなかでも軍、警察、あるいは一般市民が武器を濫用し、多くの命が今もまた消えていっています。


器は人を殺し、街を破壊するにとどまりません。

 2002年では、世界中で1,300万人が難民となり国を追われ(亡命希望者を含む)、さらに2,200万人が、衣食住を奪われた国内避難民として数えられています。多くが女性やこどもであると言われます。数千万人もの人たちが土地を追われ、いまも住む場所もなく、空腹と疫病に苦しむ毎日をすごしています。

 さらに、治安の悪化で住む土地を追われた人々が集まった難民キャンプにもまた、武器の脅威が押し寄せ治安の悪化にさらされることが多くあります。NGOをふくめ国際社会は、難民キャンプで支援を待つ人々を確認しながらも、現地に入ることができず、支援や保護をできないケースも少なくありません。


次へ 〜武器は生活を破壊する  人々が集まる場は格好の標的〜 



 
 

Copyright (c) 2004-2007 ControlArms.jp [ サイトのプライバシーポリシーについて |  サイトのご使用に際して ]