「武器を規制する」ということ

キャンペーンについて

武器の多面的な被害について

わたしたちが求めた武器貿易条約(ATT)の趣旨

キャンペーンの提言

2007年4月:日本キャンペーンの
これまでとこれから


 + 2007年 折り鶴アクション

 + 2008年 ウェブ・アクション

2016年5月:日本キャンペーンのこれまでとこれから


トップページへ戻る

 


Control Arms (コントロール・アームズ)は、
コミュニティ、国家、地域、そしてグローバルなレベルで
武器を規制することを求めています。


界の様々な場所で紛争はつづいています。また、日常の中でも武器は不正に使われています。

「一分に1人。一日に1440人。一年に50万人」

 武器の不正使用による犠牲者は、刻一刻と増えていっています (武器とは、拳銃、ライフルなど小型のものに加え、ミサイル、 戦車、戦闘機、戦艦なども含むものです)。

この状況に対処するためには、被害が起きているコミュニティー、国家、地域、そしてグローバルなレベルでの規制が必要です。

2003年10月、国際的な「コントロール・アームズ」キャンペーンが開始されました。様々なレベルでの武器の規制を求めるこのキャンペーンは、とりわけグローバルなレベルにおいて、武器の貿易を規制する武器貿易条約(ATT)を締結することを求めています。日本でも2004年からキャンペーンを行っています。





 
 

Copyright (c) 2004-2007 ControlArms.jp [ サイトのプライバシーポリシーについて |  サイトのご使用に際して ]