「武器を規制する」ということ

キャンペーンについて

武器の多面的な被害について

わたしたちが求めた武器貿易条約(ATT)の趣旨

キャンペーンの提言

2007年4月:日本キャンペーンの
これまでとこれから


 + 2007年 折り鶴アクション

 + 2008年 ウェブ・アクション

2016年5月:日本キャンペーンのこれまでとこれから


トップページへ戻る

 

わたしたちが求めた武器貿易条約(ATT)の趣旨


2003年に国際キャンペーンを設立して以降、わたしたちは武器貿易条約(ATT)の締結を求めました。その際にわたしたちが最も強調したのが、以下の内容をATTに盛り込むことでした。

1) 締約国による国際的な武器移転は、その締約国の許可がなくてはならない。

2)締約国は、過度の危害または不必要な苦痛をあたえる兵器などの移転や、武器の禁輸措置がとられている国々への移転など、国際法において明示に禁止されている武器の移転を許可しない。

3)締約国は、国連憲章に違反して武器が用いられたりる、人権の重大な侵害や国際人道法の重大な侵害に使用されたり、ジェノサイドや人道に対する罪に用いられたりするリスクなどが大きいことが分かっている場合には、武器移転を許可しない。

4)締約国は、移転を許可するかどうかの決定に際し、以下の可能性があるかどうかを考慮に入れる。
・ 暴力犯罪に用いられる
・ 政治的な安定や、地域の安全に悪影響を与える
・ 持続可能な開発に悪影響を与える




 
 

Copyright (c) 2004-2007 ControlArms.jp [ サイトのプライバシーポリシーについて |  サイトのご使用に際して ]